全般性不安障害 [理由のわからない漠然とした不安感が長期間続く人へ]



うつ病は決して珍しい病気ではなく、誰でもかかりうる病気です。

■全般性不安障害とは?
全般性不安障害は、時や場合に関係なく、理由のわからない漠然として不安感が長期間続き、不安感により、心身に症状が現われる病気です。
この病気はポピュラーなもので、パニック障害の患者 さんよりも3〜4倍多く、1000人に65人くらいの割合で発症していると言われています。

■全般性不安障害の症状
・仕事や学業など、その他の出来事に対し、大きな不安や心配ずある。またその原因は特定できるものではない。
・不安や心配を感じている状況が半年以上続いている。
・不安や心配のある日の方が多い
・そわそわと落ち着きがない、疲れやすい、集中出来ない、刺激に対して敏感に反応する、緊張感、不眠、熟睡した感じがしない、などの症状が3つ以上伴っている。

■全般性不安障害の原因

原因としては、生活上のストレスが関与していると言われていますが、不安の対象が限定されておらず、患者さんはたえず、学校や仕事、家庭でのことなど様々なことが不安に感じられます。物事に集中出来ないため、睡眠や毎日の生活に支障をきたす場合があります。

 
 
 
 
 
 
 


indexへもどります。