■摂食障害について


摂食障害とは?

青年期の女性が発生するケースが多い病気で、食事が全く取れなくなったり、逆に異常なほどの食事を摂取してしまう障害です。
拒食症と過食症は、患者本人の背後にある心理が類似している為、過食→拒食を繰り返したりすることもあります。

拒食症のケース

主な特徴       
身体的食欲が沸かない、無月経、体重の減少
精神的体の不調とは逆に活動的になる、いくら痩せても自分が異常だとは認めない、治療を受けつけない
 太っている事を気にしてダイエットを始め、その計画通り目標体重になっても、体重をもっと減らすことだけにこだわり続け、今まで出来ていた食事のコントロールが出来なくなっていきます。
体重やカロリーのことばかり気にするようになり、体重の減少からホルモンバランスが崩れ、生理が止まったり、空腹感や満腹感を感じることが出来なくなり、そして食べることそのものに対して恐怖を抱くようになってしまいます。

過食症のケース

主な特徴      
身体的「やけ食い」「気晴らし食い」と称して頻繁に過食する、過食後に嘔吐する、あるいは下剤を使用する
精神的自分が異常だと自覚して、治療を求める
失恋などの大きな精神的ショックを解消しようとして、「やけ食い」を行い、それを後悔してまた強いストレスが溜まり、過食を繰り返してしまいます。
人によっては「これは異常だ」という思いから、自ら嘔吐を誘発したり、大量の下剤を服用する場合もあります。
そうなると、過食嘔吐の繰り返しから消化器や脳の機能が悪化していきます。

摂食障害の原因

 
心身症型発症群職場,学校,家庭などでの心身のストレスが誘因の場合
気晴らし食い型過食症心身のストレスを、過食で解消しようとした場合
食欲低下型拒食症or過食症心身のストレスにより食欲低下状態になり、拒食あるいは過食になる場合
   
ダイエット型発症群美容や健康上の理由から意図的に食事を制限し、食への行動を制限した場合
無謀減量型拒食症or過食症当初の減量目標を達成しても、さらに減量を継続することで発症する場合
自発嘔吐型拒食症or過食症減量法ができない人が、食後に自分から嘔吐して減量しようとする場合

摂食障害の悪影響

身体的
  脈数・体温の低下。新陳代謝が悪くなる。疲れやすくなる。
免疫力の低下。感染症にかかりやすい。
  脱毛症。骨粗鬆症。不整脈。 無月経。長期化による不妊症。

精神的
  極端なカロリー不足により、柔軟な思考、感動する心などが損なわれる。
物事に異常にこだわる。無気力。抑うつ症状。感情の抑制がきかなくなる。収集癖。嘘言。盗癖など。

嘔吐の悪影響

 胃液(強酸性)により食道や胃の入り口がただれ、出欠や炎症を起こす。
  歯が溶けて虫歯になる(栄養不足により拍車がかかる)。
  吐くことによって、ますます過食衝動を誘発する。
  血中のカリウム濃度が低下により、心停止になりやすい。

摂食障害の治療方法

 人によって症状は様々で、治りやすさも違います。「治したい」という気持ちと「強迫的な痩せ願望」が心の中で葛藤し、人によっては引きこもり状態になることもあります。
が、過食嘔吐を繰り返しながらも日常生活をこなしている人もいます。
  「治したい、治りたい」という一抹の願望を持てば、時間がかかりながらも、治療は可能です。
1:薬物療法
  摂食障害の治療は心理療法が主体で、薬物は病気から派生する症状を軽減するための、補助的療法です。
身体的・精神的な症状が悪循環しながら悪化していくので、悪循環を拡大させないように使用します。
  精神面の改善に対しては、抗不安薬や抗うつ薬を処方します。 低栄養がある場合には、栄養補給剤(ビタミン薬やアミノ酸製剤など)を使うこともあります。
その他、自律神経調整薬、胃腸機能調整薬、消化薬、便秘予防、吐き気止めなども用いられます。
また、「サノレックス」というお薬があり、BMI35または、標準体重などの条件が満たせば保険適応が可能で、 満たさなければ保険外適応となります。サノレックスについては、ご相談ください。
2:栄養指導
  無理に過食や拒食を押さえ込んだり強制するのではなく、現状に即したアドバイスを行い、栄養バランスを整えていきます。