うつ病ってどんな病気?


ロナセンの効能と副作用について

脳内の神経伝達物質(ドパミン、セロトニンなど)の働きを整えることにより、強い不安や緊張感をやわらげ、気分を安定させます。 通常、統合失調症の治療に用いられます。


■服用方法
通常、成人は1回1錠(主成分として4mg)を1日2回食後に服用することから始め、徐々に増量されます。
維持量は1回1〜2錠(4〜8mg)を1日2回食後に服用します。年齢・症状により適宜増減されますが、1日最大量は6錠(24mg)です。
必ず指示された服用方法に従ってください。空腹時に飲むと期待した効果を得られないことがあるため、食後に飲んでください。
飲み忘れた場合は、気がついた時点で食後または軽食をとった後に1回分を飲んでください。
ただし、次に飲む時間が近い場合は服用しないで、その後は指示された時間から飲んでください。
絶対に2回分を一度に飲んではいけません。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

■副作用について
主な副作用として、パーキンソン症候群(手足のふるえ、筋肉のこわばり、動きが遅い)、
アカシジア(じっとしていられない)、不眠、ジスキネジア(顔、特に口の周囲の絶え間ない不随意運動)、
眠気、不安・焦燥感・易刺激性、発疹、湿疹、そう痒などが報告されています。このような症状に気づいたら、
担当の医師または薬剤師に相談してください。まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。 ・急激な発熱、筋肉のこわばり、
手足のふるえ [悪性症候群] ・顔、特に口の周囲の絶え間ない不随意運動 [遅発性ジスキネジア] ・食欲不振、
悪心・嘔吐、著しい便秘 [麻痺性イレウス] ・食欲不振、吐き気・嘔吐、けいれん [抗利尿ホルモン不適合分泌症候群] ・手足の筋肉の痛み、
こわばり、しびれ [横紋筋融解症] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。
上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

 


レクサプロ錠

うつ病の治療薬。

リフレックス錠

うつ病の治療薬。

パキシル(SSRI)

うつ病・パニック障害などの治療薬。

トレドミン(SNRI)

うつ病・パニック障害などの治療薬。

ジェイゾロフト(SSRI)

うつ病・パニック障害・強迫神経症などの治療薬。

デプロメール(SSRI)

うつ病・強迫性障害・社会不安障害の治療薬。

インヴェガ錠

統合失調症の治療薬。

ジプレキサ

総合失調症・境界性人格障害などの治療薬。

リスパダール

総合失調症などの治療薬。

ルーラン

総合失調症などの治療薬。

セロクエル

総合失調症などの治療薬。

エビリファイ

総合失調症の治療薬。

サノレックス

摂食障害や高度肥満症の治療補助薬。
神経伝達物質の役割について
抗うつ剤の種類について

抗不安剤の効能と種類について


indexへもどります。