うつ病ってどんな病気?


リフレックス錠の効能と服用方法について

脳内のノルアドレナリン・セロトニンの神経伝達を増強することにより、気分を和らげ、
不安、いらいら、不眠などの症状を改善します。
通常、うつ病・うつ状態の治療に用いられます。




■服用方法
・通常、成人は1回1錠(主成分として15mg)を初期用量とし、その後1回1〜2錠(15〜30mg)を1日1回就寝前に服用します。
年齢・症状により1日3錠(45mg)を超えない範囲で適宜増減されますが、
増量は1週間以上の間隔をあけて1日用量として1錠(15mg)ずつ行われます。
必ず指示された服用方法に従ってください。
・飲み忘れた場合は、気がついた時、できるだけ早く1回分を飲んでください。
ただし、次の通常飲む時間が近い場合は1回とばして、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。
絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
・誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
・医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。




■副作用について
主な副作用として、傾眠、口渇、倦怠感、便秘、体重増加、浮動性めまい、頭痛などが報告されています。
このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

不安、焦燥、発熱[セロトニン症候群]
発熱、のどの痛み、筋肉痛[無顆粒球症、好中球減少症]
けいれん[痙攣]
全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる[肝機能障害、黄疸]
けいれん、意識障害、頭痛[抗利尿ホルモン不適合分泌症候群]


以上の副作用はすべてを記載したものではありません。
上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。







indexへもどります。