うつ病ってどんな病気?


ジプレキサの効能と服用方法について

ジプレキサは、「非定型抗精神病薬」といわれる新しいタイプのお薬として開発された治療薬です。
気分を調整する作用があるので、統合失調症のみではなく、強い不安感や緊張感、気分の停滞など、様々な精神状態の改善に使用されます。
それまで使用させていたお薬に比べて副作用が少なく、陽性症状(妄想、幻聴、混乱、興奮)の改善に加え、従来では改善が難しいとされていた陰性症状(感情鈍麻、思考・意欲減退)にも効果が期待されています。
また服用回数も1日に1回で済むなど、患者さんの負担も軽減されています。
当院ではこの最新のお薬での治療を行っています。

■服用方法
ジプレキサは、1日1回、寝る前に服用します。
最初は5mg程度から服用を開始し、上限20mgまで徐々に増量します。
そのまま約3ヶ月ほど経過を見て、10mg程度にまで減量しますが、症状には個人差があるため、その都度お薬を調節していくことになります。

■副作用について
眠気、便秘、口が渇いたり、ふるえ、ソワソワして落ち着かなくなる、めまい、ふらつきなどが現われる場合があります。その際は、医師と 相談して、お薬を調節することもあります。
※飲み始めには強い「立ちくらみ」が出ることがありますので、注意してください。
※ 副作用は個人差があります。

 


リスパダールの効能と服用方法について

ジプレキサと同様に、新しいお薬としてリスパダールも当院では使用しています。
気分を調整する作用があるので、統合失調症だけでなく、強い不安感や緊張感、気分の停滞など、様々な精神状態の改善に使用されます。
陽性症状(妄想、幻聴、混乱、興奮)、陰性症状(感情鈍麻、思考・意欲減退)両方に効果を期待できます。
リスパダールは、錠剤のほかに内用液もあり、錠剤より効き目が早いこともあり、急性期での対応や、応急対応としても使いやすいお薬です。
また従来のお薬に比べ、睡眠障害にも効果があります。

■服用方法
リスパダールは、1日2回の服用となります。1回2mgから服用を開始し、徐々に増量します。上限は12mgですが、通常は2mgから6mg程度が維持量となります。 症状には個人差があるため、その都度お薬を調節していくことになります。

■副作用について
眠気、便秘、口が渇いたり、ふるえ、ソワソワして落ち着かなくなる、めまい、ふらつきなどが現われる場合があります。その際は、医師と 相談して、お薬を調節することもあります。
※飲み始めには強い「立ちくらみ」が出ることがありますので、注意してください。
※ 副作用は個人差があります。

 


ルーランの効能と服用方法について

ルーランは、「フマル酸クエチアピン」を主成分とした、統合失調症の治療薬です(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)。 心の不具合を調整・安定させ、興奮や不安感をしずめ、気持ちをおだやかにするお薬です。 また気分の停滞を改善する作用があります。そのような作用から、統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、抑うつ状態などいろいろな精神症状に用いることがあります。


■服用方法
ルーランは、最初1回4mg、1日3回より始め、徐々に増量します。
継続量として1日12〜48mgを、3回に分けて食後服用します(ただし、一日の上限量は48mgです)。
※用法用量は症状により異なりますので、医師の処方・指示を必ずお守りください。


■副作用について
立ちくらみ、めまい、眠気、口の渇き、便秘、食欲不振、体重増加、目のかすみ、鼻づまり、尿が出にくい、動悸、不整脈、などです。
手のふるえ、こわばり、じっとできない、血糖値の上昇、といったような症状がでることもあります。
※特に飲み始めには強い「立ちくらみ」が出ることがありますので、注意してください。
※副作用は個人差があります。重い症状が出た場合、すぐに受診してください。

 


セロクエルの効能と服用方法について

セロクエルは、「フマル酸クエチアピン」を主成分とした、統合失調症の治療薬です(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)
神経の高ぶりや不安感をしずめ、また気分の停滞を改善する作用があります。
統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、抑うつ状態などいろいろな精神症状に用いることがあります。


■服用方法
セロクエルは、1回25mg、1日2又は3回より服用を開始し、患者の状態に応じて徐々に増量します。
1日服用量は150〜600mgとし、2回又は3回に分けて経口服用します。
※用法用量は症状により異なりますので、医師の処方・指示を必ずお守りください。



■副作用について
立ちくらみ、めまい、眠気、口の渇き、便秘、食欲不振、体重増加、目のかすみ、鼻づまり、尿が出にくい、動悸、不整脈、などです。
手のふるえ、こわばり、じっとできない、血糖値の上昇、といったような症状がでることもあります。
※特に飲み始めには強い「立ちくらみ」が出ることがありますので、注意してください。
※副作用は個人差があります。重い症状が出た場合、すぐに受診してください。


SSRI(パシキル)の効能と副作用について
SNRI(トレドミン)の効能と服用方法

神経伝達物質の役割について
抗うつ剤の種類について

抗不安剤の効能と種類について


indexへもどります。