うつ病ってどんな病気?


当クリニックでは、 主に以下のお薬を治療に使用しています。

抗うつ剤
イフェクサー うつ病の治療薬。
レクサプロ(SSRI) うつ病の治療薬。
リフレックス(NaSSA) うつ病の治療薬。
サインバルタ(SNRI) うつ病の治療薬。
パキシル(SSRI) うつ病・パニック障害などの治療薬。
トレドミン(SNRI) うつ病・パニック障害などの治療薬。
ジェイゾロフト(SSRI) うつ病・パニック障害・強迫神経症などの治療薬。
デプロメール(SSRI) うつ病・強迫性障害・社会不安障害の治療薬。

抗精神病薬
インヴェガ 統合失調症の治療薬。
ジプレキサ 総合失調症・境界性人格障害などの治療薬。
リスパダール 総合失調症などの治療薬。
ルーラン 総合失調症などの治療薬。
セロクエル 総合失調症などの治療薬。
エビリファイ 総合失調症の治療薬。
ロナセン 総合失調症の治療薬。

睡眠薬
ハルシオン 不眠症の治療薬。
マイスリー 不眠症の治療薬。
アモバン 不眠症の治療薬。
レンドルミン 不眠症の治療薬。
エリミン 不眠症の治療薬。
エバミール 不眠症の治療薬。
ロヒプノール 不眠症の治療薬。
ドラール 不眠症の治療薬。
ユーロジン 不眠症の治療薬。
ベンザリン 不眠症の治療薬。
ベゲタミン 鎮静催眠作用により、主に睡眠薬として用いる。
ラボナ 不眠症の治療薬。
※マイスリーは、うつ病や統合失調症の不眠に対しては処方出来ません。
※ドラールは、必ず空腹時に服用(胃の中に食べ物が有ると効果が2〜3倍になって
しまい、危険なため。食後2時間以上経ってから服用のこと)。


抗不安薬
デパス 抗不安薬。
リーゼ 抗不安薬。
ソラナックス 抗不安薬。
レキソタン 抗不安薬。
セルシン 抗不安薬。
メイラックス 抗不安薬。
ワイバックス 抗不安薬。

気分安定薬
リーマス 双極性障害(躁うつ病)・躁状態。
デパケン 双極性障害(躁うつ病)・躁状態。
テグレトール 双極性障害(躁うつ病)・躁状態。
ランドセン 双極性障害(躁うつ病)・パニック障害 。
※気分安定薬:気分の波を安定させ、躁の気分とうつの気分の波の振幅を小さく抑えてくれる作用。
※デパケン、テグレトール、ランドセンはてんかんの治療にも用いられます。

その他の向精神薬
コンサータ(MPH) ADHDで使用される治療薬。
サノレックス 摂食障害や高度肥満症の治療補助薬。
ベタナミン 軽症うつ病・ナルコレプシー・覚醒作用あり。

抗うつ剤の種類
  うつ病の治療に使われる様々なお薬についてご紹介します




抗不安剤の効能と種類について  
治療に使われる抗不安剤についてご紹介します

 

神経伝達物質の役割について  
お薬の効果は実際にどのように現われるのか、図案で説明します

 

うつ病が回復するまでの経過について  
抗うつ薬がどのように体内で効いていくのかを図案で説明します

 

目で見る抗うつ薬の新たな神経誕生に対する作用  
抗うつ薬が神経ネットワークを修復していく過程を、図案で説明します

 



indexへもどります。