うつ病ってどんな病気?


■エリミンとはどんなお薬ですか?

中枢神経に作用し、ストレスなどが原因でよく眠れない人が、眠れるようにします。
通常、不眠症の治療に用いられます。


■次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
急性閉塞隅角緑内障、筋無力症がある。妊娠または授乳中他に薬などを使っている
(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
■エリミンの用法・用量(この薬の使い方)


通常、成人は1回1錠(主成分として3mg)を就寝前(就寝直前)に服用しますが、年齢・症状により適宜増減されます。
必ず指示された服用方法に従ってください。就寝した後、途中で起きて仕事などをする可能性がある時は服用しないでください。
飲み忘れて就寝し、途中で目が覚めて眠れない場合は、
翌朝起きるまでにかなり時間があれば1回分を飲んでもかまいません。
絶対に2回分を一度に飲んではいけません。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

■生活上の注意 眠気、注意力・集中力・反射運動能力などの低下が起こることがありますので、
自動車の運転や危険を伴う機械を扱わないようにしてください。
アルコール(飲酒)は薬の作用を強めることがありますので、注意してください。


■副作用について
主な副作用として、ふらつき、倦怠感、眠気、脱力感、頭重、発疹、発赤などが報告されています。
このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
・使用を中止しようとしても止められずに使用を続ける [依存性] ・意識が乱れ正常な思考ができなくなる、
考えがまとまらない、時間・場所などが判らない [刺激興奮、錯乱] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。
上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

 

 

神経伝達物質の役割について
抗うつ剤の種類について

抗不安剤の効能と種類について


indexへもどります。