うつ病ってどんな病気?


デパケンの効能と副作用について

脳内の抑制性神経伝達物質γ-アミノ酪酸(GABA)を介して、片頭痛発作発現を抑えると考えられています。
通常、片頭痛の治療に用いられ、片頭痛の発作を防ぐ、もしくは軽くします。
起こってしまった片頭痛発作を改善する薬ではありません。


■服用方法
通常、1日4〜8錠(主成分として400〜800mg)を2〜3回に分けて服用しますが、
年齢・症状により適宜増減されます。ただし1日10錠(1,000mg)までとされています。
必ず指示された服用方法に従ってください。飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く飲んでください。
次の服用時間まで4時間程度あけてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

■副作用について
主な副作用として、傾眠、失調・ふらつき、吐き気・嘔吐、食欲不振、胃腸障害、全身倦怠感などが報告されています。
このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
全身がだるく食欲がない、吐き気、皮膚や白目が黄色くなる劇症肝炎などの肝障害全身がだるく食欲がない、
傾眠傾向、ふらつき高アンモニア血症を伴う意識障害全身がだるい、めまい、あざ溶血性貧血、赤芽球癆、
汎血球減少、血小板減少、顆粒球減少激しい腹痛、発熱、吐き気急性膵炎発熱、
全身がだるく食欲がない、発疹皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症以上の副作用はすべてを記載したものではありません。
上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

 


神経伝達物質の役割について
抗うつ剤の種類について

抗不安剤の効能と種類について


indexへもどります。