うつ病ってどんな病気?


ジェイゾロフトの効能と服用方法について

当院では、うつ病、パニック障害などの治療薬として、SSRIと呼ばれるお薬を使って治療していきます。

 

ジェイゾロフト(セルトラリン)は「セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)」と呼ばれるお薬で、1990年にイギリスで承認され、世界45ヶ国以上で服用されており、うつ病・強迫神経症・パニック障害の治療に広く使われています。日本では2006年4月20日にファイザー株式会社が製造販売承認を取得し、商品名「ジェイゾロフト™」として2006年7月より処方が可能なお薬となりました。日本ではフルボキサミン(ルボックス・デプロメール)、パロキセチン(パキシル)に次いで3番目のSSRIとなります。

SSRIの作用の仕組みをアニメーションで解説しています脳内の神経伝達物質と、SSRIの作用の仕組みをアニメーションで解説しています

 ©こころのくすり箱

 

■ジェイゾロフトの効能について
うつ病、強迫神経症、パニック障害、PTSDなどに効果があります。これらの症状は、ストレス等によってセロトニンが低下するため、神経伝達のバランスが崩れ、さまざまな症状が現われるとされています。セロトニンが上昇してくると、意欲が出てきたり、不安が解消されたり、気分が穏やかに安定してきます。

 

■服用方法と副作用、離脱症状について

[服用方法]
1日25mgを初期用量とし、1日1回経口投与を行います(最大量…100mgまで)。症状にあわせて100mgを超えない範囲で適宜増減します。

[主な副作用]
主な頭痛、眠気、吐き気、下痢、震えなどがあります。
※副作用は個人差があります。重い症状が出た場合、すぐに受診してください。

[離脱症状について]
ジェイゾロフトはいままでのSSRIの中では離脱症状が比較的少ないことが特徴です。
そのため患者さんに負担をあまりかけることなく、治療を行うことが可能になりました。

 

レクサプロ錠

うつ病の治療薬。

リフレックス錠

うつ病の治療薬。

パキシル(SSRI)

うつ病・パニック障害などの治療薬。

トレドミン(SNRI)

うつ病・パニック障害などの治療薬。

ジェイゾロフト(SSRI)

うつ病・パニック障害・強迫神経症などの治療薬。

デプロメール(SSRI)

うつ病・強迫性障害・社会不安障害の治療薬。

インヴェガ錠

統合失調症の治療薬。

ジプレキサ

総合失調症・境界性人格障害などの治療薬。

リスパダール

総合失調症などの治療薬。

ルーラン

総合失調症などの治療薬。

セロクエル

総合失調症などの治療薬。

エビリファイ

総合失調症の治療薬。

サノレックス

摂食障害や高度肥満症の治療補助薬。
神経伝達物質の役割について
抗うつ剤の種類について

抗不安剤の効能と種類について


indexへもどります。