うつ病ってどんな病気?



【ミュージック・セラピー(音楽療法)】


音楽を聴いたり(受容的音楽療法)、楽器演奏や歌を歌う(活動的音楽療法)ことで、身体と心のバランスを整えるという療法です。 近年さまざまな医療現場で取り入れられています。
メロディ・リズム・ハーモニーという音楽が持つ波動を人間が受け、脳波がそれの波動に影響され、脳の活性化や集中力のアップ、ストレス解消やリラクゼーションなどのさまざまな効果をもたらします。 心の病気や高齢者のケア、引きこもり児童のケアなどにも活発に利用されています。

【受容的音楽療法】
CDやラジオからの音楽や、実際にコンサートやライブ会場へ行き、音楽を「聴く」体験をすることでリラクゼーションや癒しの効果を得ることができます。

【活動的音楽療法】
自分自身で楽器を演奏したり、歌を歌ったりすることで、新陳代謝の向上や、癒しの効果を得ることができます。

【歌詞の研究】
さまざまな歌の歌詞に注目し、込められたメッセージを読み取ることで、感銘や癒しの効果を得ることができます。
例:恋愛に関する歌、元気になる歌、等

 
 
 
 


indexへもどります。